059    講話・講演一覧    HOME  
  「金本選手の行を語る恵観法主」

2006.11.03 池口会秋の懇親会
ウェスティン都ホテル「瑞穂の間」
2006/11/3 「金本選手の行を語る恵観法主」〜池口会秋の懇親会〜 (11分) mp3/5.29MB
ダウンロードで購入
 
 
   金本選手はずっと、もう何年もこれをやっておりますので、非常に精神力が、自分で鍛えてますけどね、それ以上に精神力が強くなっております。非常に若いんです、この人は、体が。私は、ずっとこの会うたびに体を触ってみるんですけどね、非常に若さがあるんです。20から25、28ぐらいまでの体をしてるんですね。だから、50歳まではいけるからガンバレって言うんですけど、だけど彼はそんなにはやらないとか言うてますけれども、今の状態では50歳くらいまで出来る体を持ってます。非常に若いからだをしてます。
 また、性格が明るいですね。明るいから体をなお一層若くしていくんじゃないかなあと思います。やっぱり人間は明るくいくということが大事だと思うんですね。暗くなったり、じめじめしたり、汚くなったりしたら自分の精神が萎えてきますね。で、また悪いものが寄ってくるのも、こういうこころが暗くなったり、じめじめしたり、汚くなったりしたときには悪いものが寄ってきますので、前向きに明るく毎日を過ごしていただければ、体も歳を取らないで、また良いことがどんどん起こってくると思んですね。
 だから暗くならないように、じめじめしないように、汚いこころを持たないようにしていただきたいと思います。そして、そういうことがあるときには、空海、弘法大師は、それを治すためにはどうしたらいいかといえば、真言を言いなさいと言ってます。と同時に人のこころを甦らせるような言葉を言いなさい。皆が喜ぶような言葉を言えば、それも真言と同じような効果を表す。だからそれで体から光が出てくるというふうに空海は言ってらっしゃいますから、どうぞ毎日自分オ嬉しかったこと、楽しかったこと、そういうようなことをしっかりと言うて、また皆さん方のこころが明るくなるような言葉を言うていただければ、これはその人たちのためにもなりますけれど、自分が光ることになります(11分)


金本選手の行を語る恵観法主〜池口会秋の懇親会〜 ウェスティン都ホテル「瑞穂の間」 059
   
   
  HOME                                   TOP
「金本選手の行を語る恵観法主」
2006.11.03 池口会秋の懇親会
ウェスティン都ホテル「瑞穂の間」

Copyright 2011-2014 SIS