110    講話・講演一覧    HOME  
  特別講演「医のこころの再生」

2008.09.15 特別講演「医のこころの再生」 第5回「21世紀高野山医療フォーラム」
2008/9/15 特別講演「医のこころの再生」 第5回「21世紀高野山医療フォーラム」 東京国際フォーラム (54分) mp3/25.1MB
ダウンロードで購入
 
 
   どのように生きるかというようなことを考えることは、どのように死ぬかを考えること。それが仏さまの教えであります。私が医学に行ってみますと現代医療には病人を安心させることが欠けているのではないかなと気づきました。病んでいらっしゃる人たちは病気の苦しみもさることながら、さまざまな不安をかかえられるのであります。この病気は治るんだろうか、この薬はだいじょうぶなんだろうか、いつもとどおりの生活ができるんだろうか、また闘病している間の生活をどうしようか、家族のことが心配だ、いろいろございますが健康であれば気にならない小さいことも大きな不安に膨らむのであります。
 仏さまの究極の救いは、施無畏(せむい)、恐れのないことを施すことにあります。安心を与えてくださるのが仏さまでございます。お大師さまが生命を癒すためには医療だけでは治らないと教えられたのは、生命の調和を取り戻すためにはどうしたらいいかという教えでございます。社会はバランスがとれているときは平和でございます。人々のこころも安定しております。小さな小さな社会が家族でございます。大きな社会が国であり世界であり、さらには人間だけではないいろいろな生命が共に生きている地球という共同体であるわけでございます。一人で生きているのではない、一人で生きてはいけない、誰かの何かのおかげで生きているのであります〜(54分)


特別講演「医のこころの再生」 110
2008.09.15 第5回「21世紀高野山医療フォーラム」東京国際フォーラム
   
  HOME                                      TOP
特別講演「医のこころの再生」
2008.09.15 第5回「21世紀高野山医療フォーラム」
東京国際フォーラム

Copyright 2011-2014 SIS