115    講話・講演一覧    HOME  
  講演「仏教について」 115.1

2008.10.25 アンヘレス大学講演 フィリピン・アンヘレス市
2008/10/25 アンヘレス大学講演「仏教について」 フィリピン・アンヘレス市 (65分) mp3/30.1MB
ダウンロードで購入
 
   
   キリスト教の「十戒」では、「殺すなかれ」「盗むなかれ」といった「してはならない」ことが基本になっていますが、仏教の「八正道」は肯定的な生き方を示しているのが特徴であります。これらの正しい生き方は、言ってみれば、当たり前のことです。正しくものを見られる人は、正しい判断ができます。正しい生活をしている人に、悪い行いをする人はいません。正しく学んだ人は、間違った判断をしません。逆に、勉強もしないで、正しい判断ができるわけもありません。誤った見方をしていては、正しく考えることも不可能です。乱暴な言葉を使って、品行方正になれるわけがありません。八つの生き方が、すべてが関連しているのです。 仏教で正しい見識を持つということは、生命が有限であるという諸行無常、生命が関係を持ち合って生きているという諸法無我、この二つを正しく認識することです(65分)

講演「仏教について」
2008.10.25 アンヘレス大学講演 フィリピン・アンヘレス市
 
  講演「環境と自然災害への心がけ」 115.2

2008.10.25 アンヘレス大学講演 フィリピン・アンヘレス市
2008/10/25 アンヘレス大学講演「環境と自然災害への心がけ」 フィリピン・アンヘレス市 (50分) mp3/22.9MB
ダウンロードで購入
 
 
 
   私が住んでおります鹿児島市でも、台風が来るたびに道路が水浸しになって、毎年のように被害をこうむっております。これを未然に防ぐことは、なかなか出来るのもではありません。もちろん、太平洋のメキシコ沖で発生するといわれる「エル・ニーニョ」が毎年巨大化している。その原因が地球の温暖化に原因があるらしい。その温暖化は、現代文明を享受する我々人間が生み出したものである。そこで二酸化炭素の排出を抑制しようと国際会議を開きますが、それぞれの国に事情があってなかなか足並みがそろわない。地球の温暖化を防ぐのは、この会議で決めたことを実践するのが良いと分かっている。しかし、経済事情、国際競争、こうした地球規模の諸問題が許さない。また、一律に抑制措置をとった場合、技術的にこれから発展しようという国の企業が倒産して、未曾有の失業者を出してパニックに陥る。では、どうしたらいいかと申しますと、私たち個人が、出来ることから手をつけて行く。そういうことをお話して参りたいと思います(50分)

講演「環境と自然災害への心がけ」
2008.10.25 アンヘレス大学講演 フィリピン・アンヘレス市
   
 
   
  HOME                                    TOP
講演「仏教について」
講演「環境と自然災害への心がけ」
2008.10.25
アンヘレス大学講演 フィリピン・アンヘレス市
About Buddhism and The Environment and Preparation for Natural Disasters
Angeles University, Angeles City, Pampanga, Philippines


Copyright 2011-2014 SIS