149    講話・講演一覧    HOME  
  恵観御法主挨拶

2009.11.15 恵観大阿闍梨お誕生祝賀会
2009/11/15 恵観御法主挨拶 恵観大阿闍梨お誕生祝賀会 鹿児島サンロイヤルホテル・太陽の間 (24分) mp3/11.2MB

ダウンロードで購入
 
 
   ロシア訪問とともに、私にとって画期的だったもう一つのことは、今年九月に、北朝鮮を訪問したことでございます。訪朝の目的はあくまでも文化・宗教の交流でございました。北朝鮮は一党独裁の社会主義国ではありますが、中国に仏教寺院が残っているように、北朝鮮にも寺院が残っております。
 私たちは妙香山普賢寺という寺院を訪問しましたが、驚いたのは、その寺のご本尊が、真言密教の中心仏であります、大日如来であったことでございます。私は、普賢寺も密教の流れをくむお寺であったに違いないと感じ、とても親しみを感じたのでございます。そして、普賢寺で真言密教の法に基づいた、略式の戦没者供養と平和祈願を行ってまいりました。
 朝鮮半島は歴史的に、いくたびも戦乱に巻き込まれてきておりますが、北朝鮮では戦没者・戦争犠牲者
の慰霊が十分に行われていないような印象を受けました。特に、社会主義国家になってからは、新しい国づくりに追われ、仏教もすたれ、戦没者・戦争犠牲者の慰霊どころではなかっただろうと思われます。そこで私は、日朝友好関係の推進と、アジアの平和、世界平和の実現に向けて、近い将来、北朝鮮で怨親平等思想にのっとった、本格的な戦没者・戦争犠牲者の慰霊を行いたいとの思いを、強くしたのでございます。
 日本から多くの同志を募って北朝鮮を訪問し、「怨親平等」の慰霊碑を建立するとともに、その後毎年、同じ時期に訪朝し、戦没者・戦争犠牲者の慰霊と世界平和の祈願ができるようにしたいと考えております。現在、日朝間には粒致問題という深刻な問題が横たわっておりますが、私は粒致問題の本質的な解決のためにも、北朝鮮における戦没者・戦争犠牲者の慰霊、世界平和祈願の祈りを実現したいと思うのでござい
ます(24分)

149
恵観御法主挨拶
2009.11.15恵観大阿闍梨お誕生祝賀会 鹿児島サンロイヤルホテル・太陽の間
   
  
  HOME                                      TOP
恵観御法主挨拶
2009.11.15 恵観大阿闍梨お誕生祝賀会
鹿児島サンロイヤルホテル・太陽の間

Copyright 2011-2014 SIS