HOME  
  旭鷲山阿字マーク化粧回し   
   
   
   恵観先生寄贈阿字マーク化粧回し(最友会)
平成十六年 両国国技館九月場所 大相撲千秋楽
 
   旭鷲山はモンゴルから初めてやってきた力士でございます。あの白鳳を連れて来たのもこの旭鷲山なんです。何年たってもなかなか思うような成績が上がらない。なんとか勝ちたいと思い悩んでおった彼が後援者の代議士の紹介で私のところへやってきたんです。護摩行にも参加して行もやりました。旭鷲山はその護摩行をやった翌場所は十一勝あげて初土俵から5年目で小結になったのです〜その後、彼はモンゴルの国民栄誉賞をもらったりして今は国会議員になっております。そういうような縁で日本とモンゴルの国交樹立30周年のときに日本のものを何か切手にしたいと募集があってそのときに旭鷲山が「恵観先生は世界中を周って世界平和をやってるから写真とか記事があればこれに出してみらんかちゅうて言われたからそれを全部出したんですね。そしたら私のが日本・モンゴル国交樹立30周年の記念切手に選ばれまして私が記念切手でのこっているというわけであります。旭鷲山は私の薦めもあったりして早稲田大学の通信教育の学生になりました。その年の、平成16年の秋場所に早稲田大学が彼の取組に懸賞をかけてくれて勝った。そして私は千秋楽に用意しておった化粧回しを彼に贈ったわけです。これは阿字ステッカーが縫いつけられた非常に綺麗なものでございます。 
■2010/9/23 第127回恵観塾 第二講話 菩提心論 8回目より
 
  HOME