HOME  

最 福 寺



大仏殿(大弁財天四恩殿)


最福寺 大仏殿(大弁財天四恩殿) 891-0133 鹿児島県鹿児島市平川町4850-1 TEL.0992-61-2933 FAX 0992-61-2242
Saifukuji Daibutsuden (Daibenzaiten Shionden) 4850-1 Hirakawacho, Kagoshima City, Kagoshima Pref., 891-0133 Japan
Tel.+81-992-61-2933 Fax.+81-992-61-2242



  建設の碑
着工 平成10年3月30日
完成 平成11年10月4日
世界平和と一切救済          
傳燈大阿闍梨池口恵観のこの誓願によって招来した、大弁財天を安らかに座していただくための大佛殿を建立した。設計は京都大学名誉教授川崎清博士、建設は飛島建設株式会社による。同社の石原昭一郎代表取締役社長、丸茂敬昌専務取締役、新福研一取締役九州支店長、鶴園英昭南九州統括出張所長をはじめ、岩井雄一作業所長、同社社員、関係会社のあまたの人々の力が結集されて、ここに礎を固めることができた。
願わくは、大日如来をはじめとする諸仏諸尊、日本国中大小の神祇、最福寺ご本尊の大日大聖不動明王、松本明慶大仏師によって世界一の木彫仏として完成した大弁財天、ご先祖たちの功徳をもって、我ら衆生と霊とがあまねく救われんことを。  平成11年10月吉祥日
烏帽子山最福寺法主 傳燈大阿闍梨 百萬枚護摩成満行者
池口恵観



池口恵観大阿闍梨は、この桜島が見える高台に大弁財天堂を建立するという


赤碕義則鹿児島市長(平成10年当時) 迷ジパング 平成の大弁財天より 



高野山から妻が持ってきた弁天さん

 最初、高野山からうちの妻が嫁入りして来る時、何も持たず弁天さんだけ持ってきたんです。それをうちの母が「お前たちはこれを拝みつかないから」、四百年位前の弁天さんでございましたので、「ここに置いとけ、私が拝むから」ということで拝んでいたのです。私は妻が寂しいだろうと思って、鹿児島市で住む様になりましたので、レプリカを作ってもらおうということで松本先生にお願いしたんです。その時に鹿児島だけじゃなくて、江の島も出来ることだから、二つ位作ってもらおうかなということでした。
 ある時、先生があれ二つを一つにして作ったらどうかと言う事を提案して頂いたんです。何の気なしに「どうぞ、どうぞ」ということでやったんです。そしたらあんな大きなものになったんですね。
 だから、最初からああいう大きなのを作るという気持ちが無かったもんだから、家が無かったんですね、弁天さんの。あんな大きなのが出来たもんですから、それから家をどうして作ったらいいか、お金が無いから、松本先生が鉄パイプで工房を作ってらっしゃたあれを払い下げてもらえないかと言ったら、松本先生は「いいですよ」ということだったんですけど、徳田虎雄という代議士がおりまして、徳洲会をやってる、総代をしております、見に行ったんですね。
 あれは大変なものだって、あれは先生の物じゃないし、日本の宝になるもんだからパイプでというわけにいかんですよ。きちっと作って納めないと、国宝になる人だからということでね。こっちはお金が無いから先生寄付してくれるって言ったら、うちはお金がないというわけですね。一千億くらい借金してるし、それを返済するのに大変だから、うちは出来ない。だけれど保証はできる、と言ったんです。
 まず作ってくれるところを探してくると言って、不動建設に一番最初言ってくれたんですね。不動建設は、先生が保証するんだったら、お金無くていいからということだったんですが、私が考え事しとったら「なんでこんないい条件が出たのにそんな浮かん顔してるんか」と言うもんですから「私の新年会とか、誕生会とかにいつも飛島建設の鹿児島支店長とか九州の支店長がいつも来てくれてるんだ、その人たちに何て言えばいいかな」としてたら、「あっ、それは先生だめだ、仏さんのことはそういうような、ちょっとでも、くもりがあればだめだから、これは決めてくれたけども飛島建設に俺が言うてみるから」と言って、その場で電話してくれたんですね。
 そしたら飛島もやるということになったんです。どうするかな、お金が無いのに、16億だったんですね、そのときの経費が、そんなものどうして出来るんかなて言ったら「先生、作ってしまえばいいじゃないか」、こっちが勝つよ、もう払えないよということで持って行ってもらっても、あの仏像は残るよ。先生が作ったと名前が残れば。僕と先生の名前がこれで残るんじゃないか。仏師の名前とそのまま残るよ、と大きなこと言うわけです。「ああ、そやな、それでやって行こう」と言って、それで作ってもらって、一銭もなくお金を入れずに出来上がったお堂なんですね、あれは。
2006/7/23 池口会(京都) リーガロイヤルホテル京都


最福寺大仏殿建立中(1998年)

NewsJapan巨大大仏にかけた十年
..
大弁財天四恩殿
着工 平成10年3月30日
完成 平成11年10月4日
 
最福寺 大弁財天開眼並びに大仏殿落慶大法会 平成12年5月14日

烏帽子山
最  福  寺 
891-0133 鹿児島県鹿児島市平川町4850-1 TEL.0992-61-2933 FAX 0992-61-2242

 Ebosizan Saifukuji 4850-1 Hirakawacho, Kagoshima City, Kagoshima Pref., 891-0133 Japan
Tel.+81-992-61-2933 Fax +81-992-61-2242
  
HOME                                                      TOP
最福寺公式ホームページ


Copyright 2011-2015 SIS