HOME   
江の島大師 
251-0036 神奈川県藤沢市江の島2-4-10  TEL.0466-50-2111 FAX 0466-50-2114 
Enoshima Daisi, Fujisawa City, Kanagawa Pref., 2510036 Japan Tel.+81466-50-2111 Fax.+81-466-50-2114

        




 江の島を作るときに発起人、世話人代表になって頂いた方が、福田赳夫先生でした。その中にいろいろな政治家の方や、事業家の方、いろんな方々が中心になって発起人会を作って、江の島大師ができたわけです。

 それから小渕さん、また森前総理大臣、小泉さん、安部さんで5人ずっと続いているわけです。それぞれに非常に大事にしていただいておりまして、皆、お大師さまと非常に深い縁のある方々でございます。
■2006/9/22 池口会(京都) 第二講話「秘蔵宝鑰」こころの復興 6回目








 
波切不動
 
江の島護摩行






 仏さまの知恵というのは、私たちが気づかないとこで働いてくださるものであります。「お前のためにりっぱな行場を用意しておる。そこは、こんもりとした山の頂きであって、こんこんと涌いて尽きない泉が敷地内にあるよ、前はパァと開けておって、はるか彼方までひらけた場所のようだ、ほんとうにすばらしいとこだ、お前の行場がそこにあるんだ」。
 母が私に最初に言ったのは、小学校の高学年か、中学校のときだったと思います。高校になってからも、何度もこのことは母に聞かされました。
 母は、よっぽどしっかりした映像を透視しておったんだろうと思います。小さい頃から、ずっと言ってきたその説明は、いつも寸分の違いもなかったのであります。
 私はやがていろいろな体験を経て、鹿児島市内の紫原(むらさきばる)にささやかな最福寺を作りました。
 それは、私が三無事件という事件に連座して逮捕されたときに、家から、母から勘当されて家にも帰れなくなって、そして托鉢といいますか、乞食をしてやっと貯めたお金で買い求めた土地に作った寺でございます。そして、これじゃいけない、もうちょっと大きなお寺が欲しいと思っているところに、ご縁があって阪急の六甲山ホテルの公園墓地の管理塔という位置付けで、平川の今の烏帽子山最福寺が完成いたしました。
 そのとき私は、小さい頃から母が言っておった行場はここだろうと思ったんですね。
 しかし、ここには母が言っておった、こんこんと湧いてくる泉といったものは、どこにもありませんでした。
■2010/6/25 第124回恵観塾 第二講話「菩提心論」 5回目









 私は毎日2時間、皆さん方の願い事を書いたお札を二千本から焚いております。2時間かかるんですね。この時に無心にやっておりますと、ものすごく元気になってくる。ある時はものすごく大変なんです。もう夏は息が止まりそうになって、やっと自分の場所に帰っていくんですけれども、それでもスカっとした状態になります。今、二千本と言いましたけれども、これをですね私は平成元年に百万本をやったんですけれども、百万本の行をやりまして、それからずっと数えてみたら、この皆さん方がお祈りをして書いてしらっしゃる札が一千万本を超えておるんですね。
 日本の人口が一億何千万人だったら延べでございますが、十人に一人の人が、うちの祈願をして頂いているというような計算になるわけでございます。世界でこれだけ焚いたのは私だけだと思います。またそれだけの人が毎日二千本ですから、二千人からの人がずっとお祈りをして下さってるということでございますから、非常にありがたいことであると思います。
2006/5/26 第78回池口恵観勉強会 第二講話「秘蔵宝鑰」こころの復興 4回目








 2009年5月30日撮影








お悩み相談お受けします
病気
対人関係
家庭諸問題
職場の問題など
池口恵観住職がご指導下さいます
お気軽にご相談下さい


             お悩み相談 







1993年5月15日 江の島大師入仏入山法要
1995年放送「ヴァチカンの金剛仏子」から


1995年放送「ヴァチカンの金剛仏子」

 江の島大師と呼ばれる最福寺江の島別院は1993年5月に完成。かつて、この地には宗祖弘法大師も遊行され、真言宗の名刹があったと伝えられ、盛大に行われた入仏入山法要は関東一円の信徒にとって、忘れ得ぬ感動の日となった。











.
.
.
.
.
.

永代供養(位牌堂)   


 永代供養
 
江の島大師全景  
   
江の島大師正面入り口
 
 
江の島大師庭内にあるこんこんと湧き出る涸れない泉 2007年撮影
 
 
 
 
2011年撮影(下)
 
そして、その土地を見に出かけて行って、私は驚いたんです。母が小さい時から言っておった光景が目の前に広がっておったのであります。そして、説明されました、「あの土地の真ん中に、島には珍しい湧き水が涌いているんですよ、あれは尽きないんですよね、あの水は」、そうゆうふうにおっしゃって、非常に私は驚いたんです。
■2010年6月25日第124回恵観塾第二講話菩提心論5回目より ホテルニューオータニ
 
泉の先にある海
 
 
〜こんもりとした山の頂きであって、こんこんと涌いて尽きない泉が敷地内にあるよ、前はパァと開けておって、はるか彼方までひらけた場所のようだ、ほんとうにすばらしいとこだ、お前の行場がそこにあるんだ」。母が私に最初に言ったのは、小学校の高学年か、中学校のときだったと思います。高校になってからも、何度もこのことは母に聞かされました。母は、よっぽどしっかりした映像を透視しておったんだろうと思います。小さい頃から、ずっと言ってきたその説明は、いつも寸分の違いもなかったのであります〜
■2010年6月25日第124回恵観塾第二講話菩提心論5回目より ホテルニューオータニ
 
   
江の島大師入仏入山法要 1993.5.15 
 
 
江の島大師入仏入山法要  1993年5月15日
1995年放送「ヴァチカンの金剛仏子」から 
 
HOME                                                  TOP
江の島大師護摩行

251-0036 神奈川県藤沢市江の島2-4-10  TEL.0466-50-2111 FAX 0466-50-2114
Enoshima Daishi 2-4-10 Enoshima, Fujisawa City, Kanagawa Pref., 251-0036 Japan
TEL.+81-466-50-2111  FAX +81-466-50-2114

江の島大師公式ホームページ
  

Copyright 2011-2014 SIS